ご相談・ご依頼 見積もり依頼

NEWS

活動報告

活動報告

長野県において初めてとなる、EVバス型自動運転車両が 市街地の一般公道を走行する社会実験に参加いたしました

アイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:加藤 淳)は、2020年度より長野県塩尻市においてより暮らしが便利になる公共交通を目指し、一般財団法人塩尻市振興公社(所在地:長野県塩尻市、理事長:古畑 耕司)を代表団体とする実証実験に、株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:武田 一哉)および損害保険ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西澤 敬二)と共に参加をしております。

2021年度の実証実験では、EV(Electric Vehicle/電気自動車)車両を用いた、運転者が操作の責任を持った上で、特定の条件下においてハンドルやアクセル、ブレーキなどの操作をシステムが自動で行うという長野県初となる「自動運転レベル2」の実証走行に協力しましたのでお知らせいたします。

本実証実験では、自動運転技術の実験とグリーンスローモビリティ(※)の実験を兼ねての実施につき、低速(時速約20km)で一般公道を走行しました。
(※)時速20km未満で公道を走ることができる電動車を活用した小さな移動サービスで、その車両も含めた総称です。

【実証の目的】
塩尻市は、2つのJR駅を中心にそれぞれ形成された市街地とその周辺に点在する農山村地域からなるコンパクトな田園都市で、コミュニティバスを中心とした地域公共交通が運用されていますが、ドライバの担い手不足や、移動ニーズと路線・ダイヤとの乖離等の課題解決を行うことが必要となっています。本プロジェクトでは、持続性の高い地域公共交通を構築するため、拠点内移動のオンデマンド化と拠点間移動を自動運転化し、双方をシームレスに接続し”塩尻MaaS”として官民連携体制で運営することとしています。

また当社は、2020年1月に、塩尻市を中心とした自動運転技術実用化に向けた包括連携協定に中心企業として参画しており、市内での自動運転実証実験を進める準備を進めて参りました。本プロジェクトと連携することにより、更に実用的で公共交通に資する実証実験として、将来のレベル4の実用化を目指した取り組みを積極的に進めて参ります。

【実証実験の概要】
期間:2021年11月24日(水)~11月28日(日)
時間:午前9時頃から午後4時頃まで
走行ルート:広丘駅西口~無印良品/ツルヤ塩尻広丘店の区間
走行距離:約3.8km
所要時間:約30分

【実施体制について】
全体統括:一般財団法人塩尻市振興公社、塩尻市
実証実験統括:アイサンテクノロジー株式会社
協力企業:株式会社ティアフォー、損害保険ジャパン株式会社 等

【実験車両について】
タジマ社製のGSM8(手動運転車両/10名乗り)を自動運転対応車両に改造

 


11月24日の初日は実験に先駆けてセレモニーが開催されました。

左から、一般財団法人塩尻市振興公社 理事長 古畑耕司様、株式会社ティアフォー COO 田中大輔様、塩尻市長 小口利幸様、
アイサンテクノロジー株式会社 取締役 佐藤直人、損害保険ジャパン株式会社 長野支店長 小林登様

 

小口利幸市長や関係者が試乗し、乗り心地を確認しました。

 

小口市長は「自動運転は違和感のない安全な運転でした。塩尻市から最先端の技術を発信できることはうれしく、今後も企業と連携して研究していきたい」とお言葉を述べられました。

 

 


【関連情報】
2021年11月24日 NHK 信州 NEWS WEB
塩尻市で電気で動く自動運転バスの実証実験
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20211124/1010020625.html

記事一覧へ

カテゴリー

エリア

アーカイブ