ご相談・ご依頼 見積もり依頼

NEWS

活動報告

活動報告

三重県桑名市内で開催されたタクシー型自動運転車両試乗会への協力および一般公募試乗を実施しました

アイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:加藤 淳)、株式会社ティアフォー(本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長:武田 一哉)、損害保険ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西澤 敬二)、および株式会社シナスタジア(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:有年 亮博)は、三重県桑名市内で開催される自動運転車両試乗会に参加いたしました。

自動運転技術の社会実装に向け、自動運転サービスモデルの実現が注目されていますが、このたび、乗り心地や安心感などを、地域住民の方はじめ多くの方に知っていただくことを目的として、桑名市を運営主体とする自動運転車両試乗会を開催しました。また、自動運転車両に試乗するだけではなく、ここでしか体験出来ない移動に連動した最先端のXRコンテンツを乗客の方に体験頂きました。

観光路線としての実証実験を行うことで、観光型サービスの検証を行うとともに、地域住民の方々の評価を確認し、更なる技術の発展を目指します。

1.参画機関名と役割

 

2.実施概要
開催日時
2022年2月9日(水)~2月13日(日) 9:00〜17:00
※2月9日 (水)のみ10:00~17:00

運行ルート
桑名駅東口バスロータリー~柿安コミュニティパーク駐車場(全長約1.4km)

自動運転レベル
レベル2

使用車両 タクシー型車両(JPN TAXI)
乗員5名(試乗定員は後部座席2名)

車両イメージ

 

 


2月9日(水)は桑名駅で出発式があり、伊藤徳宇桑名市長が専用ゴーグルをつけてタクシーに試乗されました。(後部車両奥から2人目)
試乗後、「自動運転が社会で実装できれば市民の移動に対する満足度も上がると思うので、一日でも早く実現できるよう頑張っていきたい」とお言葉を頂きました。

 

伊藤市長(写真右側)と弊社取締役佐藤直人(写真左側)

 


 


【関連情報】
2022年2月10日 中部経済新聞
自動運転タクシーの試乗会 桑名市内で 連節バス試験走行も
https://www.chukei-news.co.jp/news/2022/02/10/OK0002202100701_03/

2022年2月10日 伊勢新聞
自動運転タクシー、桑名で初の実証実験 ゴーグルつけ試乗 三重
https://www.isenp.co.jp/2022/02/10/71060/


 

【製品のご紹介】
自動走行実証/実用化ソリューション
https://aisan-mobility.com/lineup/implementation/

自動運転システム開発ソリューション
https://aisan-mobility.com/mybusiness/system-development/

自動運転車両・システム構築
https://aisan-mobility.com/lineup/autonomous-vehicle-construction/

記事一覧へ

カテゴリー

エリア

アーカイブ